円座

出産の際に膣周辺部が傷付いて痛みが残ってしまった時、座る際のサポートとして利用します。
座面がキズに触れて痛みが出てしまう時や骨盤の歪みによっておこる仙骨や恥骨の痛みを和らげてくれます。

【ガスケ・アプローチの考え方】
当院ではガスケ・アプローチ(☆2)を取り入れています。
一般の厚みのある柔らかい円座は骨盤底筋を含む会陰全体(=ペリネ(☆1))を圧迫するためおすすめしません。
会陰の周りだけを圧迫することにより血流が悪くなり会陰が浮腫んだりうっ血する状態を招き、
ペリネに負担をかけてしまいます。
基本的には、産後はできる限り横になって過ごすことが望ましいですが、赤ちゃんとの生活では横になってばかりはいられませんよね。
座って授乳するときなどは、正しい姿勢を心掛ると円座はいらないことが多いです。
でも、どうしてもペリネの部分が痛んだりする場合には…こちらの円座を使用して、ペリネを保護して座ることができます。

通常の円座よりも厚みが薄いため、赤ちゃんの背当てや授乳時のサポートなど幅広く使えます。

☆1.ペリネ(perinee)とは・・・
ペリネ(perinee)とは、子宮や膀胱、直腸などの臓器が下に落ちないように支えている骨盤周りの筋肉「骨盤底筋群」を含めた会陰部全体の総称がペリネ。
語源はギリシャ語の「周辺peri−神殿naos」。
直訳すると「神殿の周り」!
ペリネは、女性にとってとても重要なんです!

☆2.ガスケ・アプローチとは
フランス人医師ガスケ先生が構築した「ペリネを保護するための姿勢と呼吸からのアプローチ」のこと。
姿勢を正して正しい呼吸を行い、ペリネにダメージを与えない身体の動かし方を実践することで、ペリネを守ることができます。
妊娠・出産はペリネに負担がかかりやすいものですが、【ペリネを守るお産】を当院では実践しています。
女性のペリネは男性に比べて弱いもの。
日常生活では座ったり立っているだけでも、ペリネに内蔵の重力がかかってしまうもの。
女性が一生を通してペリネを守ることが大切だと、ガスケ先生は言っています。


◆円座を使用したおすすめの座り方◆
円座をそのまま敷いて使用するのではなく、半分に折って使用する方法がおすすめです。
半分に折った円形部分が前方の向きで敷き、足のつけ根が乗るように座ります。
後ろに倒れやすい姿勢になってしまうので、背中にクッションやハッピーピローを当てると便利です。




サイズ:40×37cm
素材■表:ポリエステル65%・綿35%(抗菌・防臭加工)
     中材:発砲スチロール
     緑巻テープ:ポリエステル100%
カラー■サックス系花柄

洗濯方法:ぬるま湯でブラシ洗い。すすぎは十分に行ってください。
      脱水機で水切りし、自然乾燥してください。
      (乾燥機不可)
      シミ落としは酸素系漂白剤をご使用ください。
      (塩素系をご使用になると色柄が落ちる恐れがあります。)

配送サイズ:1個=60サイズでお送りします。
  • 3,300円(内税)